「接着の謎」シンポジウム
〜理論と実践の融合を求めて〜

 

イベント概要

日時 7月4日(火) 14:00〜17:00
会場 Calgel House セミナールーム

東京都渋谷区神宮前1-10-29

最寄り駅
JR原宿駅 表参道口
東京メトロ明治神宮前駅 5番出口

内容 ネイル材料の接着に関する問題について、参加者の疑問に答える座談会形式のイベント
ナビゲーター 田中 久生さん(株式会社松風 副主任研究員)
参加料 ¥5,000(税込)
※メルマガ【2023年ネイルの旅】読者さまは、早期お申込み割引(6月20日まで)¥4,000(税込)

※ イベント終了後、懇親会を予定しております
※ 本イベントのお問い合わせ info@nailscape.net

 

 

今年2月から4月にかけて、メルマガにてネイル材料の
接着問題についての記事を配信しました。

・そもそも爪甲の表面状態とは
・サンディングの本質
・プライマーの役割
・爪甲とジェルの接着
・ジェルとアクリル・チップの接着
・ジェルネイルの接着耐久性の向上
・爪甲へのダメージ低減

等々考えていったわけですが、

材料的な理論は理論として、実際の現場ではこんなこともある、

あんなこともあるとの声を多くいただきました。

 

そこで、

一方的にネイル材料に関する講義をするのではなく、

参加者さまの疑問・質問を材料開発者とネイル技術者の間で共有して、

理論と実践の両面から諸問題を考察し、

サロンワーク、ネイル技術の向上に役立てられないか、

そんな思いで今回のイベントを企画しました。

 

参加されるみなさまには事前にアンケートにお答えいただき、

その回答をもとに、問題を解決すべく議論を進めてまいります。

日頃出てくる疑問をこの場でスッキリさせていただけたら幸いです。

 

材料についてより深く理解できれば、施術方法の選択肢も増え、

お客様の多様なニーズに応えることができるのではないでしょうか。

ぜひご参加をお待ちしております。

 

 

メールマガジン

ネイリストの未来を考えるメルマガ【2023年ネイルの旅】毎週水曜日配信中!